交通事故 ケース別 過失割合基準
交通事故の過失割合については、以下のように判例(裁判の判断)により決まっている数字があり、そこに各事例ごとの修正を加え算出されるため、大きな事実誤認が無ければほとんど同じ割合にて判定されます。
 
ケースA 四輪車同士の事故
いつの時代も四輪車(自動車)同士の事故が最も大きな事故になり、けがの程度も大きく、経済的な損害も大きくなります。
ここでは四輪車(自動車)同士の事故を態様別に分けて過失割合の算定を解説いたします。


この事例は 信号機のある 交差点内 A側が青信号 B側が赤信号の場合。
過失割合の基本は A 0%:B 100% 
つまり「Bの信号無視により Bにすべての責任がある」というのが判例の考え方になります。
これを基本としながらAに過失がある場合10〜20程度をAに負担させることが妥当とされています。



次のケースは前述と同じで信号機のある 交差点内 A側が黄信号 B側が赤信号の場合です。
よく「青は進め、黄色は注意して進め、赤は止まれ」と言われますが果たして教習所でそんなこと習ったでしょうか。
確か「青は進んでもよい、黄色は止まれ、赤も止まれ」だったはずです。
青は進まなければいけないわけではなく、進んでもいいし、危険があれば止まってもよい。
黄色は原則止まらなければいけないが、止まろうとした結果交差点内に止まってしまうと逆に危険なので、やむをえない場合は進んでも仕方がない。あくまでも危険を回避するために進んでもよい。
だったはずです。
したがってこのケースの場合
過失割合の基本は A20% : B80% となり これを基本としてAに過失がある場合10〜20、
Bに過失がある場合5〜10を増減することとなります。


次のケースも前述と同じで信号機のある 交差点内 A側が赤信号 B側が赤信号の場合です。
お互い信号無視のため A50% : B50% が基本です。
修正要素として A側とB側の過失を考慮して それぞれ5〜10の増減となります。


このケースは信号機の無い 交差点内の事故です。
この場合はA車とB車の(交差点進入時の)速度が同じであれば(左方優先の原理から)
過失割合は A40% : B60% 
A減速せず B減速の場合 A60% : B40%
A減速 B減速せずの場合 A20% : B80%
修正要素はお互いの過失を考慮し 5〜20の増減となります。


次は昨今問題となっている 逆走 のケースです。
Bが一方通行の道路を逆走して起こった事故の場合です。
過失割合は A20% : B80% 修正要素は 夜間である場合やお互いの過失などを考慮し、
5〜20の増減となります。


一般に「広路・狭路」と呼ばれています。
一方が明らかに広い道を走行している場合の事例です。
この場合もA-101と同じように交差点進入時の速度で違いが出ます。
A車とB車の(交差点進入時の)速度が同じであれば
過失割合は A30% : B70% 
A減速せず B減速の場合 A40% : B60%
A減速 B減速せずの場合 A20% : B80%
修正要素はお互いの過失を考慮し 10〜20の増減となります。

このケースの場合で「明らかに広い」とはどれくらいの差を言うかについては諸説ありますが、我々調査員は狭路の1.5倍以上を目安としていました。
また判例は広路の性格が幹線道路などの場合は優先道路としてA-105の事例として取り扱うよう例示しています。


このケースは道路幅は同じ程度であるものの、Bの側に一時停止の規制がある交差点内での事故。
まず一時停止後に侵入したか否かで判断がされます。
一時停止をした後に交差点内に侵入した場合 A40% : B60%
修正要素はお互いの過失を考慮し 10〜20の増減となります。

Bが一時停止義務違反の場合
A車とB車の(交差点進入時の)速度が同じであれば
過失割合は A20% : B80% 
A減速せず B減速の場合 A30% : B70%
A減速 B減速せずの場合 A10% : B90%
修正要素はお互いの過失を考慮し 10〜20の増減となります。


このケースはA側の道路が優先道路である場合で、A「優先車」 Bを「劣後車」と呼びます。
一般的にセンターラインが交差点内まで引いてあるほうが優先道路となります。
基本過失割合は A10% : B90% 
修正要素はお互いの過失を考慮し 10〜20の増減となります。
 
ケースb 四輪車と自転車の事故 
環境意識の高まりから自転車を利用される方が多くなり、通勤・通学途中に事故に遭うケースが増えました。
ここでは特に増加が目立つ四輪車(単車)と自転車の事故について解説いたします。
以下の事例では四輪車(自動車)と単車(バイク)は同じとしてとらえています。


信号機のある交差点で 自転車側が青信号のケース。
四輪車側が赤信号のため
基本過失割合は A0% : B100% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜10の増減となります。



信号機のある交差点内 自転車A側が赤信号 四輪車B側が青信号
自転車Aの信号無視の場合でも 
基本過失割合は A80% : B20% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。



信号機のある交差点内 自転車A側が黄信号 四輪車B側が赤信号
(自転車Aが交差点侵入の直前で黄色に変わって、安全に止まれない場合は青信号侵入になるため、このケースではなくB-235で論じられます。) 
基本過失割合は A10% : B90% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜10の増減となります。



信号機のある交差点内 自転車A側が赤信号 四輪車B側が黄信号
(自動車Bが交差点侵入の直前で黄色に変わって、安全に止まれない場合は青信号侵入になるため、このケースではなくB-236で論じられます。) 
基本過失割合は A60% : B40% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜15の増減となります。



信号機のある交差点内 自転車A側と四輪車B側がともに赤信号
基本過失割合は A30% : B70% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜15の増減となります。



信号機のない交差点内 優先道路関係や広路狭路の事例ではないケース。
基本過失割合は A20% : B80% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。



信号機のない交差点内 自転車A側が広路 四輪車B側が狭路のケース。
基本過失割合は A10% : B90% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。



信号機のない交差点内 自転車A側が狭路 四輪車B側が広路のケース。
基本過失割合は A30% : B70% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。



信号機のない交差点内 四輪車B側に一時停止規制があるケース。
基本過失割合は A10% : B90% 
このケースの場合は一時停止義務違反があった前提で過失割合が算定されているため、Bの一時停止があった場合 A20% : B80% となる。
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。


信号機のない交差点内 自転車A側に一時停止規制があるケース。
基本過失割合は A40% : B60% 
このケースの場合は一時停止義務違反があった前提で過失割合が算定されているため、Aの一時停止があった場合 A30% : B70% となる。
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。


信号機の無い交差点内 自転車A側が優先道路を走行
基本過失割合は A10% : B90% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜15の増減となります。


信号機の無い交差点内 四輪車B側が優先道路を走行
基本過失割合は A50% : B50% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。



一方通行 逆走 のケースで 四輪車Bが一方通行の道路を逆走して起こった事故。
過失割合は A10% : B90% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。



一方通行 逆走 のケースで 自転車Aが一方通行の道路を逆走して起こった事故。
過失割合は A50% : B50% 
修正要素はお互いの過失のみならずAが児童や高齢者である場合なども考慮し 5〜20の増減となります。


以上の判例からもお分かりのように、四輪車(単車)に比べて自転車は守られています。
また自転車に乗っている人が児童や高齢者の場合、さらに厚く保護されます。

ただしこの一方通行規制は自転車が除外されている場合が多く、この規制標識が設置されていたからと言って直ちにこのケースが適用になるわけではなく、公安委員会などで確認が必要となります。

以上の基準を基に「過失割合」が算出されます。判例(過去の裁判の結果)を基準にしますので、事実に誤認がない場合、大幅な修正は期待できません。
したがって被害者となった場合、保険金の増額は「過失割合の変更」での増額ではなく「慰謝料の増額」を戦略とすべきです。


トップページに戻る
東京合同事務所グループ(14名の専門家がサポートいたします)
行政書士 たいほう事務所
メールはこちら
   TEL  03-6276-1767
   (10:00〜17:00) 
〒164−0013 東京都中野区弥生町三丁目24番11号  新宿中野合同事務所1階
Copyright TAIHO Home Office., Japan, 2008 All rights reserved.
当ホームページに掲載の情報・画像・イラスト等の無断転載を禁じます。
当事務所はメールによる一般相談は何度でも無料です。  無料相談はこちらから。